格安SIM・SIMフリースマホであなたの携帯代をもっと安くする

SIMフリーナビ

SIMフリースマホ

海外製のスマホを購入するときに気を付けなければならない技適通過

更新日:

海外版スマホは技適通過が必須

SIMフリースマートフォンは、当然のことながら海外でも多数販売されていますから、日本の輸入業者からこれらの端末を購入し、格安SIMでの運用を考えることもあるでしょう。

特に最近ではXperiaの人気が高まっています。

ですが購入の前に必ずチェックしておくべきポイントがあります。それは技適が通っているかどうかです。

総務省のHPによると、「一般に使用する無線機の殆どに特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いています。

技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない違法になる」恐れがありますので無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。 」とあります。

<p.具体的には、電気通信事業法によると、技適マークの無い機器は技術基準に適合するか不明な為、接続を拒否されることがあるとなっています。

また電波法違反となる場合があり、一年以下の懲役又は100万円以下の罰金、また重要無線通信妨害と判断されると五年以下の懲役又は250万円以下の罰金となります。

2015年4月24日に衆議院で可決された「電気通信事業法等の一部を改正する法律案」によって、外国人観光客は、旅行中にMVNOなど国内通信事業者のSIMを利用したり、無料Wi-Fiスポットなどを利用したりしても合法となりましたが、一方で、国内で海外スマホなどを利用したいユーザーには厳しい改正内容になりました。

海外端末の利用に関して緩和が全くなかっただけでなく、国内におけるスマートフォンなどの端末販売事業者に対し、「技術基準に適合しない無線設備を製造し、輸入し、又は販売することのないように努めなければならない」という努力目標を課したのです。

このような条文が加わったのは今回が初めてで、この規定には罰則などは設定されておらず実効性はわかりません。しかし、技適を未取得の端末を国内で堂々と販売する行為をけん制する意図は明らかです。

総務省 技術基準適合証明等を受けた機器の検索ページ

当サイトおすすめの格安SIM

LINE(ライン)の格安SIM「LINEモバイル」

 コミュニケーションアプリで有名なLINE(ライン)が運営する格安SIM。

 

-SIMフリースマホ

Copyright© SIMフリーナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.