格安SIM・SIMフリースマホであなたの携帯代をもっと安くする

SIMフリーナビ

SIMフリーの基礎知識

格安SIMを比較するときにチェックすべきポイント

更新日:

まずは現状分析から

上手に格安SIMを選ぶポイントは、まず自分の現在のスマホの利用傾向を分析すること。

今使っているキャリアの利用明細を確認すれば、簡単に利用傾向を把握することができるはずです。

通話時間とデータ通信量をチェックすれば、申し込むべき必要十分な容量のプランがある程度決定できます。

肝心なのは利用方法を無理して変えるのではなく、利用傾向に合ったプランを見極めることです。

まず現状分析から!かしこく格安SIMに乗り換える!

まずは現状分析が大事 まず現状分析からはじめましょう。 格安SIMは、データ容量、通話プラン、オプションなどを自由に選んで料金を安くすることが出来ます。 一方で料金を安くすることに目をとられ、不便にな ...

続きを見る

格安SIMを比較するときにチェックすべきポイント

データのみ?通話も?

格安SIMはデータ通信のみか、データ+通話、またはデータ+SMSの3種類選ぶことができるのが一般的です。

まずは現状分析から見えてきたあなたの使い方から、データのみなのか、通話もしたいのか決めましょう。

基本的には通話も付けておいたほうが無難だとは思いますが、2台目用のSIMだから、とかタブレット用にという場合にはデータのみでもいいでしょう。

高速データ通信の上限

料金プラン選びの最大のポイントは、高速データ通信量の上限と、通信制限の有無です。

たとえば高速通信容量が1GBのプランの場合、通信データ量が1GBまでは高速通信が可能ですが、1GBに達すると通信速度が低速に制限されます。

高速通信容量の上限は1ヶ月単位で定められているプランがほとんどですが、中には1日単位で決められているプランもあります。

また、月の高速通信容量が余った場合、その分を翌月に繰り越しできるプランや、上限容量を追加購入できるプランもあります。

データ繰越できるかどうか

毎月の高速データ通信の上限が決められていますが、かならず毎月すべて容量を使い切るとは限りませんよね。

そんなときに、あまった高速データ通信を翌月に繰越すことができるかどうか、という点は比較のポイントです。

現状ほとんどの格安SIMが翌月にデータ繰越ができるようになってはいます。

そんななかでデータ繰越が出来ない格安SIMは、今後も後手後手の対応になる可能性が高いので選ばないほうが無難かと思います。

カウントフリー

カウントフリーは高速通信容量の節約に貢献してくれますので、同じ料金ならカウントフリーがついているものを選びたいところです。

最新情報・キャンペーン情報をチェックしよう

格安SIMは成長分野のため、新しい事業者が毎月のように参入してきているだけでなく、既存の事業者も次々と新しいプランを投入してきています。

たとえば最も安いデータ通信プランの月間制限容量は、2014年には500MBだったものが2015年5月には3GBになるなど、まさに日進月歩の勢いで変貌を遂げています。

今後の大きな注目ポイントは、いかに音声通話を安くしていくかにかかってくるでしょう。定額プランの発表をしている事業者もありますし、シェアで通話料を分け合うプランなどもあり、目が離せません。

また、MVNO各社は現在新規参入も非常に多くシェア争いが激化している状況です。

各社、新規顧客獲得のために常時どこかの会社がスマホ本体料金割引であったり、初期費用無料であったり、3ヶ月基本料金無料であったりと、なにかしらのキャンペーンをしています。

目先の利益だけ考えてキャンペーンに乗ってしまうのは良くないですが、本当に良いキャンペーンをしていることもたくさんあります。

あなたが求めているものとキャンペーン条件がマッチしていればキャンペーンに乗って契約するとお得です。

楽天モバイルは使えるキャンペーンあり

楽天モバイルは常時いくつかのキャンペーンを行っています。

格安スマホの値下げキャンペーンを頻繁にしているのでスマホ本体もあわせて購入する予定の方は候補になります。

当サイトおすすめの格安SIM

LINE(ライン)の格安SIM「LINEモバイル」

 コミュニケーションアプリで有名なLINE(ライン)が運営する格安SIM。

 

-SIMフリーの基礎知識

Copyright© SIMフリーナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.